Author

未分類

再就職の時の面接などの際にもし名刺を手渡されとしたら、…

再就職の時の面接などの際に面接担当者が名刺を差し出してきた場合、こちらとしても名刺を相手側に渡すべきであるのか?ないのか?と対応の仕方に悩んだ場合は、一般的には差し出す必要はないと頭に入れておいてください。転職のための面接というのは仕事ではなく、職に就くための採用活動の一部なので、大体は名刺をやりとりする場ではありません。
未分類

あなたが今、「転職サイト」を利用して自らの希望条件に合…

会社の将来性に不安を感じ、転職サイトで自らのやりたい分野のあるストレスを感じずに働ける仕事情報を調べているのなら、ぜったいに「転職エージェント」を利用しておきましょう。どうしてかというと、登録は簡単です。エージェントサービスに登録したあと、その場で紹介してもらえる求人情報は、一般的に公開されていないからです。
未分類

「転職サイト」は、大手企業が運営しているもののほう…

転職サイトは有名なサイトの方が掲載数も豊富なので、2~3社あまりをとりあえず転職サイトに登録した上で、希望する勤務地や収入に対してチェックを入れて、あとは条件に合う案件が自動的に通知されるように設定しておくと情報収集が楽になります。とはいっても、初めに限っては登録するのに少しばかり手間がかかるので、登録前に履歴書と職務経歴書をきちんと準備し、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。
未分類

良い転職先を見つけるためには、戦略を立てながら情報収集をしておきましょう。

転職を成功させるためには、事前に行動をしましょう。そうするには今は中小零細企業でもホームページで会社を紹介している場合がよくあるので、インターネットを駆使してあれこれを調べておくとまたその会社のわからない点などを解消しておくと転職に役立つはずです。加えて公式サイトに加え、「転職サイト」を利用してみるのも対策としては有効です。
未分類

求人サイトを見る場合、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思っている人・・

求人サイトを見るとき、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほど、製造業に目を通さない人がいますが、そんな人のほとんどは「製造業は製造マンの求人だけだ」と誤解しているケースもあります。実際に、製造業の求人募集でも、製造マンだけでなく経理、人事、総務などの人材募集から、購買、営業管理のような「オフィス系」に分類される部署も多数あるのです。
未分類

転職先を選ぶとき、言うまでもなくやりがいのある仕事か考えることも大切だ・・

転職をするなら、言うまでもなくやりがいを考慮することも大事だけど加えて給料アップも重要なポイントになるから「年収サイト」というサイトに登録していろいろと研究をしています。全く同一の会社で一緒の職種、社歴であるのに人によってずいぶんと違いがある場合も複数あって、正直なところ面接の時質問したことがあります。
未分類

現代はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社もたくさんあります。

現代はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティング会社をよく見かけるようになりました。特許権を取得したことのある人は、連絡が来ることが期待できます。彼らは、特許を取った人のほかに、研究開発で論文を書いた経歴のある人や、マスコミで紹介された人など、何らかのインパクトを残した人を対象に、電話やメールを用いてコンタクトを取り、ヘッドハンティング用のネタにしています。
未分類

今後、労働力という観点において今以上にシンプルな仕事・・

私たちの労働環境は、これから段々と単純な仕事は機械に差し替えられていき結果として、必要な労働人口は減少させられてしまいます。どうしてかというと、単純な仕事という観点では機械を稼働させたほうが圧倒的な作業量をこなせるからです。例えば、数をカウントしたり、同一の動作をリピートしたりすることは機械では当然何も不自由もありません。
未分類

転職する際、とても重視されるのが「面接」というものです。

再就職では、かなり重要視されるのが「面接」なのは間違いありません。多くの場合面接の際は面接官が当人に対して転職するに至った理由や退職理由などいろんなことを尋ねられると思います。そして、面接が終盤を迎えるあたりで転職希望者から、面接担当者へ不安・疑問に感じることを質問できるチャンスがやってきます。
未分類

転職後は、高い確率で前職でのは美化されるはずです。

職を変えると、だいたいの場合は前の会社の仕事のほとんどの出来事は美化されます。そもそも今の仕事に自分に合っていないと感じたから、それをどうにかするために、再就職したはずなのに、昔を思い返すと新しい会社よりも「前の仕事のほうがよかった」と思えてくるのです。それというのは自然なことで、前職は日々の仕事の勝手がわかっているので事もなく日々の業務がこなせていたのが、根底にあるはずです。
タイトルとURLをコピーしました