求人関連の情報を見るとき、例えば、「デスクワークがしたい」と思っている人…

求人情報をチェックする折、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほど、…

求人情報をチェックする折、「オフィス系の仕事をしたい」と考えている人ほどはなから製造業を見ようとしないものですが、そんな人は「製造業は製造マンの求人だけだ」と勘違いしているケースもあります。事実、製造業の求人であっても現場作業者だけでなく、経理、人事、総務などの従業員募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「事務系」に準ずる部門もたくさん存在します。でも、製造業の勤務場所はビジネス街から離れているので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その点がデメリットに感じる人もいるかもしれません。しかし、自らのこだわりを捨てることで仕事の選択肢を広げ、将来をより良いものにしていく助けになるはずです。

もしもあなたが転職を考えているなら、先に資格を取得することで選択肢が増えます。

もしあなたが将来、転職をするつもりなら、転職する前に資格を取得しておくことをお勧めします。とくに、転職活動を始める前の段階で、資格取得しておくと、転職活動時でそれを生かせるので、新しい仕事を見つけやすくなります。そのため、在職中の時間がベストなタイミングといえます。もしあなたが将来のために、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、今の会社を辞めたあとも前向きな姿勢で転職に挑むことができます。さらに、資格を手に入れることで転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接で「即戦力」と認められ、それまでの職場より待遇も良くなる可能性があります。

転職する場合の面接で決まっているかのように聞きだされるこ…

再就職をする時に面接でほぼ100%投げかけられるのは前に働いていた会社を辞職したのはどうしてなのか、という話ですがこのような質問が出た際には話の内容を前職のことにしない方がベストです。会社を退職するに至った経緯が話の中心となって進んでいくと必ず悪い印象を与える要素を伴った話題になってしまいます。どういう風に進めればいいかというとなぜ以前働いていた会社を退職したのかという事をこの職場になにがなんでも入りたいという考えがあったからという話の中身に進めるべきであり、自己アピールもかねて今、自分が入りたい会社に焦点を当てるべきなのです。そういう話ならば、マイナスではなく良い面を押し出した辞職の訳にすることができます。

今と違った企業の社員になりたいと転職で活動している人というのは…

違った企業に入りたいと転職を希望する場合は「ほんのちょっとでもはやく、内定を手にしたい」と思ってしまうはずです。とはいえその気持ちが強くて吉報ほしさのばかり、自身をより大きく見せたり、また対称的に過小評価にしかならないマネはゼッタイによしましょう。大事なのは焦ってしまう気持ちを抑え、冷静に客観視しつつ、あなたに適した職場を探すことにアンテナを集中させていきましょう。それまでの自分の経歴を生かしつつ、加えて、今後のキャリアアップが見込める会社を賢く探していきましょう。

転職期間のあいだは、自分の好きなことに時間を費やしたり、…

転職期間のあいだは、趣味に時間を費やしたり、体力を損なわない生活を習慣化しておくと良いです。会社が決まり、いざ仕事を再開した際に、趣味に興じていたおかげで気付かない間に集中する力がアップします。さらに体力アップしていることでその場の社員たちと比べるとスタミナがあるということを認識することができます。ということで、退職して次の仕事を始めるまでは自分の趣味に没頭することと、体力を低下させないようにしておいて損することはありません。勤め先が決まり、職場のなかであなたと同様の趣味の人と知り合えたなら、友達になれるキッカケにもなります。ですから、好きなことをとことんまで極めることも転職期間の自由な時間の使い方です。


経営コンサルティングなら東京の英知コンサルティングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました